現状況への考えと対応について

こんにちは、あそび代表の新里です。
現状に関しての考えと対応をお伝えします。

個性の強い方々の成長に関わる私は、
活動を止める事が出来ない場合が度々あります。
今後暫くは、オンラインネウボラ(家族支援)をメインに、必要性に応じて受入れをします。

ー個人的見解ー
・COVID-19の収束(病気の)には、1年半から2年を見ています。COVID-19が無くなることはない事も考慮し、うまく付き合っていく為に、親子で自分を強める活動をこれまで通り行います。
(福岡慎一博士「ウィルスは撲滅できない」https://www.asahi.com/articles/ASN433CSLN3VUCVL033.html)
・それぞれの立場や状況に合わせて、オンラインとリアルの両輪で、持続可能な活動をしていきたいと思っています。

⭐️てらこや受入れの場合
・てらこやの考えに同意していただき、
緊急性の高い方から受入れ致します。
・少人数制ですので、
日時の変更をお願いする場合があります。
・子供達を受入れる代わりに、
高齢者、ご自身やご家族に持病がある方は
ご遠慮いただくかオンライン参加でお願いします。
(スタッフもお客様も同様です)
・来られたら手を洗いうがいをしましょう。
・窓を開けて風通しよく、距離を保ち遊びましょう。
・マスクをしましょう

⭐️私は、線維筋痛症という治療法の確立されていない病の経験者で、今はサポーターです。
治療法のない病はCOVID-19だけではなく、今この瞬間も戦っている方々がいる事も忘れずに、これからも予防に力を入れていきたいと、強く思っています。

長くなりました。
いつも応援してくださるみなさま、ありがとうございます。励みになっております。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

「いいね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

お家で、Yoga Lesson No1