大学とのつながり

こんばんわ。

朝からアイスをねだる息子。。それなら、と、週末だし(平日も週末もないけど笑)、すぐ近くのお店で子供達と楽しくブランチをしたカナリヤ色母さんです。

 

さて、最近のてらこやは、大学の先生と学生さんがよく訪ねて来て下さいます。

 

ある日は、名誉教授の山口先生。

今は退職されて、秋頃スタート予定でてらこやを開くという風に伺いました。対象は小学生4〜5年生からで、子供達に楽しく勉強を教えたく、てらこやに見学に来られたという事でした。

小学生の子供達との接し方に慣れてない&子供達をびっくりさせるかもしれないとのお気遣いがあり、遠目で様子を見られる予定にされてましたが、、母さん達がヨガを受けてる間に洋室の子供達と自然と触れ合う流れに(^^)

子供達が集まりだした頃、先生はお庭で母さん達が持参した包丁を研いで下さいました!

研ぎ終えた頃に、雨が降り出し、、子供達と一緒にたこ焼きやポテトピザを召し上がって頂きました(^^)  先生、ありがとうございました(^^)

 

そしてある時は、福大工学部の松隈先生と、福大経済学部の学生の皆さん。

松隈先生は以前、リアル校内ツアーと、zoomで子供向け講義&校内ツアーを開催して下さいました。

学生の皆さんは前回来られた際、とても熱心に主から色々な話を聞き出していた様に思います。この時は子供達とも触れ合う時間があり、てらこやを体感して頂けたのではないかと思います(^^)

 

長い余談になりますが、

てらこやあそびの活動は、、すごく幅広いと思います。子育てって終わりがないので、子供の将来を思うと、こういう事もしといた方が良いよね、この分野ももっと知っておかないといけないよね、社会にも働きかけをしていくべきだよね、となるから。

そして、子供達の幸せを願っているから、こうして良いご縁が繋がるんだなぁと感じています。

広がったり、変化し続けているけど、子供達が中心にあっての活動だという事はブレてません。

子供達や母さんなど、人を大事にしてるから、人に合わせて環境やツールなどはフレキシブルに変わります。(そこは主の絶妙な采配だと思ってます。)だからここに居る人は自分らしさを取り戻していくんじゃないかな、と思います。

てらこやあそびの大きな魅力だと思います。

「いいね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です