YOGINIヨガに出会うまで 〜線維筋痛症とYOGINIヨガ⑤〜

こんばんは⭐️

5回目です。

今回は線維筋痛症と分かった経緯について

ご紹介しようと思っていましたが

病院巡りで病名わからかった頃から1ヶ月足らずで

症状が更に酷く悪化していったため

まずこの頃の症状を先にご紹介します。

 

〜高校1年生秋〜(2009)

食事🍙

痛みでお箸が使えなくなり

子供用のスプーンとフォークへ

それさえも持つのがきつく疲れた時は

当時保育士だった姉に口に入れてもらう事も

 

もともと不調だった顎の調子も悪化

口も開ける、噛む、喋ることがきつくなります。

 

食べ物や唾液を飲み込む力も弱くなりよくむせる

 

 

睡眠💤

痛みで夜寝付けなくなっていき夜が長く感じる

 

寝返りをしたいのに布団さえも重く感じて

身動きしたいのに痛みで動けない

 

朝起きる時の倦怠感

ベットに身体が張り付いていて

起きようとすると離れない感覚

起き上がる時は誰かを背負っているような重たさ痛み

 

 

日常生活🌱

1時間座っているなど同じ体勢が続くと痛みが増す

学生にはきつかった

ペンが長時間持てない、勉強が思うように出来ない✒️

 

照明の光、気圧変化にも敏感に

目の周りの筋肉の痛みや頭痛が発生

 

車のエンジンがかかっている時の揺れだけで痛い

走行時だと更に倍増

 

お風呂や温泉でのお湯の揺れに耐えられない、痛む

指先の痛みで髪の毛を洗うことが出来ない

 

冷え症の影響もあり爪を自分で切れなくなる

家族に切ってもらう時でも切られる時、音が痛いなど

 

この症状に疲れやストレスなどが加わると

突然激痛になりパニックで過呼吸になることも。

 

その時、家族(父母姉)の間で

救急車を呼んだ方がいいんじゃないか。

けど車の振動に耐えれるのか

受け入れてくれる病院はあるのか

運ばれたところで出来る処置はあるのかと

喧嘩になっていることもありました。

(結局呼ばず激痛が少しでも治まるのを待ちました)

 

当たり前のように出来ていて

出来なくなるなんて思いもしない

日常の些細な一つ一つのことが出来なくなったり、

ものすごく大変で全身の痛みが増す作業に

変化していきました。

 

🍀この頃を思い出していま感じること🍀

私も家族も記憶があいまいだったり

忘れてしまってる部分が多々あります。

 

長年通っている鍼灸院の先生は

私が線維筋痛症から回復した大きな理由の一つは

『忘れることができたから』と

よく言って下さっています。

 

この頃の激痛を1から10まで全て覚えていて

日々思い出して痛みを想像して感じていたら

リハビリも何も出来なくなります。

 

時間が経ったおかげで忘れられた事もありますが

忘れる能力って本当に偉大だなと思います。

 

自分は記憶力が良いとか

嫌なこと忘れられないタイプなんて

思うこともありましたが()

人間の持って生まれた忘れる力に

ただただ助けられています。

 

〜ソフトヨガ〜

余分な力が抜けて体が楽になるクラスです

毎週火曜日→19:00〜20:10

第2、4木曜日→10:30〜11:40

金曜日も大丈夫な時間帯がありますのでご相談ください☆

お問い合わせ、ご予約は↓

mail→ygn.tn.ai17@gmail.com

Instagram→ai.softyoga

お待ちしております🌿

「いいね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です