YOGINIヨガに出会うまで⑥〜線維筋痛症とYOGINIヨガ〜

*高校1年生秋(2009年)

日常生活がままならなくなってしまった時期
病名も治療法も分からないため

父はずっと調べ続けていました。

その時出会ったのが線維筋痛症から

回復した患者のホームページ
http://fmsjoho.in.coocan.jp

その中の記事で線維筋痛症が

顎関節症クリニックやまだ歯科の治療で

回復していったということを知ります。
このホームページの管理人、小田博子さんには
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

すぐやまだ歯科へ予約の電話をすると
予約が埋まっていて初診予約が取れるのは
1ヶ月後などですぐ診るのは厳しいとのこと。

1ヶ月であっという間に悪化していたため
あと1ヶ月待つ間にどれくらい悪化していくのか
心配だった父はやまだ歯科医院長の山田先生に
手書きで症状や状況、何とか診てもらいたいという
内容を郵送する事に。
(先日手紙の話を父にしたら覚えていませんでした。
切羽詰まって向き合ってくれていたんだなと感じる出来事でした。)

 

無事予約が取れてやまだ歯科へ
(写真検索してお借りしました。)


家から車で30〜40分の場所へ行くのが
とてつもなくキツく…着いた頃にはくたくたでした。

 

そして診察の結果
線維筋痛症という病名が分かります。

原因は顎関節症及び
外側翼突筋(顔の筋肉,咀嚼筋)に

恒常的な痛みが発生し、その恒常的な痛みと

こわばりにより中枢神経の異常を発生させ
誤った痛みを正常な関節等に伝達するようになったとのこと。

↑の写真にある圧痛点の①〜⑦ 計18ヶ所
それ以外に頭痛、腕の付け根、手首
手のひら、腰、足首などにも痛みがありました。
痛みがありその状態も長く続いていたため
やまだ先生は私と症状を見てきついでしょ。
と声をかけてくださった覚えがあります。

 

診察時自分では普通に喋っているつもりでしたが
全身の痛みで少しぼーっとしてしまうから
受け答えは時間がかかり遅れ気味だったとも
後に先生がおっしゃっていました。

 

やっと理解して下さる先生に出会え

病名も分かった安心感。
その日の日記にはものすごく良い先生だった!と。

 

これからの治療は
外側翼突筋の痛みを徐々に軽減させていくこと

 

生活する上での注意点は
2ヶ月ほど学校を休み、体を休める事
スカートなどは履かず冷やさないようにすること
車に乗る際は首が安定した方が良いので
首枕を使用するのが良いとのことでした。
(↓の写真のようなものです)

 

顎関節症クリニックやまだ歯科は
残念ながら今年3月に閉院してしまいましたが…
病名や治療法が見つかるというのは本当に奇跡的で。

どんな病気でも周りに理解してくれるお医者さんや
医療関係の方がいて下さるのは
心強くそれだけで心身共に癒えるなと思いました。

 

やっと今回線維筋痛症という病名に辿り着きました。
予定ではスムーズにコンパクトに!
高校生活のことやYOGINIヨガに出逢うまでの事を
サラッと書き終える予定だったのですが…(笑)
長年の痛み生活は本当に色んな事や経験があったため
書きたい事がたくさん!ということで🤣
まだまだお付き合いしてくださると嬉しいです✨

〜ソフトヨガ〜
余分な力が抜けて体が楽になるクラスです
毎週火曜日→19:00〜20:10
第2、4木曜日→10:30〜11:40
その他の時間曜日対応できる場合があります。
ご相談くださいませ🌿

mail→ygn.tn.ai17@gmail.com

Instagram→ai.softyoga

お待ちしております✨

「いいね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です